川崎風俗公式サイトへようこそ!

川崎一筋の風俗大好き管理人が川崎風俗を完全ご案内!おすすめのソープ、デリヘル、ヘルス、ピンサロ、おっぱいパブ・・・すべての風俗業態のレベルの高い店をご紹介します。ボクが経験した体験談をみなさんに共有させて頂きます!
川崎は風俗以外にもギャンブルの事業も盛んです。川崎競輪、競艇、&川崎競馬、そして府中競馬場がある南武線にもアクセスしているというすごい駅なのです。こんなお金の回る施設が沢山。

 

それに加えて、川崎駅の他の路線とのアクセスの良さから、人間が半端なく多く集まるんですよね。人の多いところに風俗あり、という格言通り、ハイレベルな女の子とお店が乱立している風俗激戦区が川崎なのです!

川崎の風俗情報を書き殴る♪

神奈川県川崎市の風俗はでかい!
川崎は全国の政令都市でも珍しい、風俗エリアが二つある地域として有名です。堀之内と南町を合わせて、70軒ほどのソープランドがあり、関東では吉原に次ぐ規模だそうです。砂子町と元町の歓楽街も駅から徒歩5分以内と近く、ラブホテルがあると聞いています。江戸時代から栄えてきた、川崎の風俗事情に就いて話します。
宿場町から遊郭に変わった堀之内
江戸時代より東海道の川崎宿として、堀之内は栄えたそうです。旅籠には飯盛女が多く、やがて遊郭や置屋ができたと聞いています。江戸に向かう旅人は川を越える前に一泊し、京に向かう旅人は弁当と水を補給したようです。江戸の吉原で遊び難い大名も、多摩川を越えてきたそうです。人の集まる場所に遊郭ができるのは、ごく自然のことかも知れません。
堀之内は幕府と明治政府の未公認
堀之内は吉原のように、幕府公認の遊郭ではないそうです。多摩川の渡し賃は、幕府の重要な資金源だから黙認したようです。江戸時代から明治政府、戦後に至るまで、未公認の遊郭だと記録されています。赤線時代にも公認されず、青線として売春宿があったそうです。戦後の売春禁止法により、遊郭と売春宿が廃止になりました。しかし堀之内では、一杯飲み屋や小料理屋を隠れ蓑に「ちょいの間」として残りました。堀之内が風俗地区に公式認可されたのは、1966年に風俗営業等取締法が改正されてからだそうです。
堀之内を有名にした泡踊り
堀之内に初めてトルコ風呂「京浜トルコ」ができたのは、今から40年ほど前だそうです。堀之内地区がトルコ風呂の許可地域に指定されると、城郭風の高級トルコ風呂「川崎城」が開店しました。マットを使用したボディー洗い「泡踊り」が、全国に広まったと聞いた事があります。川崎流のマットプレイは、体の向きや動きに関係なく密着する技術らしいです。う〜ん、奥が深いと思いますよね。

南町は政府公認の風俗地帯
宮崎の女性は、「気が強くて負けず嫌い」だそうです。ライバル心としてサービス向上に繋がるかなぁ?「何事にも積極的で行動力がある」も期待しちゃいますよね。「明るく元気で、おおらかな女性が多い」そうですが、ポジティブで前向きなんでしょうか?快晴日が日本一だからかも、知れませんよ。

風俗店の特徴
川崎宿の飯売り旅籠から続いていた貸し座敷を、南町へ移した事から歓楽街になったそうです。明治時代の話ですが、小土呂新地や川崎遊郭と呼ばれたようです。戦後は政府公認の赤線地帯となり、憂さ晴らしができる歓楽街になります。売春防止法の施行により、南町と堀之内がトルコ風呂の許可地域になりました。川崎の歓楽街と風俗街は、堀之内と南町が中心になると思います。ソープで70店舗あまり、ピンサロとヘルスが20店舗あまり、デリヘルは30店舗くらいだと聞いています。何気なく通ってたソープ街ですが、今回は勉強になりましたよ。風俗に「遊郭と赤線の歴史」ありですね。

更新履歴